会社沿革|会社案内|乳業メーカーのパイオニア|守山乳業株式会社 MORIYAMA 

会社沿革

1918年大正7年創立(1918年大正7年)~

1918年
大正7年
神奈川県中郡高部屋村日向にて創業
創業者 守山謙
1920年
大正9年
神奈川県平塚市に工場を新設
(現本社、平塚工場地)
1923年
大正12年
日本で初めてのビン入り珈琲牛乳を東海道線国府津駅にて販売開始
1927年
昭和2年

珈琲牛乳が鉄道省販売品の認定を受け、全国に販売される
アイスクリームの素発売
1928年
昭和3年

会社設立
社名を株式会社守山商曾とする
守山甲子太郎、初代社長に就任
1929年
昭和4年

日本で初めての珈琲・紅茶用のクリーム「冨士エバポレートミルク(無糖練乳)」発売
1935年
昭和10年
本社、東京八重洲に移転

1937年
昭和12年
神奈川県茅ケ崎中島に守山牧場開設

1939年
昭和14年
茨城県石岡町に石岡工場建設
岩手県葛巻町に葛巻工場設立
1941年
昭和16年
創業者の守山謙が2代目社長に就任

1943年
昭和18年
珈琲牛乳が軍需品として指定される

1945年
昭和20年
平塚市空襲により平塚工場及び守山牧場が被災する
1946年
昭和21年
平塚工場復興

1948年
昭和23年
栃木県那須村に那須工場建設

1950年
昭和25年
長野県滋野村に千曲工場建設

1951年
昭和26年

第1回全日本ホルスタイン共進会(平塚市開催)にて、守山 謙社長より天皇陛下に説明
ソフトミックスパウダー発売
1955年
昭和30年
商号を守山乳業に変更

1957年
昭和32年
ラビー(珈琲用クリームパウダー)製造開始
1962年
昭和37年
守山嗣男、3代目社長に就任

1967年
昭和42年
日本で初めてアセプティック・テトラパック機導入
1968年
昭和43年
創業50周年

  • ビン入り珈琲牛乳ポスター

  • アイスクリームの素

  • 1937年 守山牧場開設

  • 1939年 葛巻工場建設

  • 1948年 那須工場建設

  • 1951年 ソフトミックスパウダーラベル

  • 1957年 ラビー

  • 1967年 国内初のアセプティック・
    テトラパック機導入

創立50周年(1969年昭和44年)~

1971年
昭和46年
守山栄、4代目社長に就任

1972年
昭和47年
冨士ミルク㈱を設立
テレビCMの開始
1975年
昭和50年
テトラパック200ml発売

1977年
昭和52年
無菌缶詰充填機導入

1987年
昭和62年
大塚直人、5代目社長に就任

1988年
昭和63年
ポーションミルク発売
ストレートココア(ゲーブルトップ)発売
1988年
昭和63年
リキッドタイプの業務用ココア、「MORIYAMAストレートココア」発売
1989年
平成元年
平塚工場にてテトラパック1000ml充填機導入
1992年
平成4年
テトラパック500ml発売

1993年
平成5年
パンナコッタ発売
バッグインボックス(BIB)発売
1995年
平成7年
本社を平塚に移転、登記
ガムシロップ(ポーションタイプ)発売
1997年
平成9年
喫茶店の味シリーズ発売

2001年
平成13年
テトラパック125ml発売

2002年
平成14年
開発研究用ミニプラント導入

2003年
平成15年
新ブランド『MORIYAMA』を発表

2005年
平成17年
ISO9001 取得(日本品質保証機構)

2006年
平成18年
葛巻工場 増設工場竣工

2009年
平成21年

平塚工場 カップ棟竣工
チルドカップ飲料発売
年間売り上げ高 100億円達成
2011年
平成23年
16期連続増収達成

2012年
平成24年
海外事業部設立

2015年
平成27年
日本記念日協会にて、4月20日は
「珈琲牛乳の日」として認定される
2017年
平成29年



介護食品コンクールで「農林水産省食料産業局長賞」
年間売上高 150億円達成
葛巻工場FSSC22000 取得
*バター・缶詰ラインは除く
2018年
平成30年
創業100周年

2019年
令和元年
神奈川工場 竣工

  • 商品ポスター(昭和30年頃)  

  • ストレートココア

  • パンナコッタ

  • 喫茶店の味シリーズ

  • 2006年葛巻工場増設

  • 4月20日は「珈琲牛乳の日」

  • 介護食品(スマイルケア)受賞

  • 創業100周年のロゴ

▲ ページトップ